10施設の病院で採用された、映像から伝わる体感センサーは、ゲーム感覚でリハビリできます。

2015/04/27  チャイナータイムズ

康文柔/台北報道

b05a00_p_05_02

TVゲームでリハビリができる?台湾は高齢者社会となって行く今、年寄りの在宅看護が大きく必要となってきました、新規会社である「Long Good」は医者と治療師共に、リハビリ機能付の体感ゲームを先んじて開発して参りました。リハビリには楽しみとそしてゲームキャラクターに従って正確に進めば、高得点が取れる、面白さとを満喫出来ます。それは国内にある10施設の病院が採用しています。

Long Goodが開発した体感リハビリシステムはPAPAMAMA(パパママ)と名付け、病院には遠距離コントロールセンターと家庭用装置とを二分させています。家庭での患者リハビリ映像の記録は、インタネット経由で病院側へと転送することで、患者のリハビリ進度を定期的に治療師が検査できます。

Long Goodの創立者である陳誌睿さんによりますと、台湾の病院では、人材不足よる問題を抱えています、患者は週に一度のリハビリだけを受けいれて、殆どの日々リハビリを自宅で行うことが多いのです。そのため、毎日のリハビリに空白の日を作ってしまい、又は運動の要領を間違ってしまう事もある。「例え効果が1であっても、0より大きい」。と陳誌睿さんが言っていました。

遠距離コントロール体感リハビリシステムを使っての効果では、治療師に付き添ってのレッスン100%に至らなくても、リハビリには熱中することができます。加えて患者の通院に費すコストを減らす事も支えの一つになり得ます。

病院で使われているPAPAMAMAは、そのフルセットでは何百万円もします、家庭用バージョンは一台6万円とする。「設置は簡単に取り付けで、一つはHDMI線をテレビにつけ、もう一つは電源コードをコンセントに差すだけです。」陳誌睿さんからの助言です。後は体感センサーをテレビの上に着けるだけで、すぐにでも必要なリハビリレッスンを選ぶ事ができます。そして装置も自動的にネットワークしますのでソフトウェアのダウンロード更新も行えます。

陳さんは一つのゲームDeer Runを挙げ、ユーザの歩幅と重心を定まった範囲内に保つこと、ユーザは下肢の動きにより、パネル画面のキャラクターを物体動作の制御コントロールをすれば、ゲームの背景は自動的に変化して行き、条々に難度を上げていきます。それは患者の下肢バランス回復と歩行訓練の為で有ります。

他にも、Long Goodは太極拳の先生と、「舞え太極」というゲーム制作しています。体感センサー技術を運用し、ユーザは太極拳の基本動作を習得できます。

実は、陳さんが創業する初志の主な動機は、妹は脊椎側弯症患者であり、その思いも有り社名をLong Good (竜骨の王)と命名しました。そのことは、陳さんはあまり口に出してはいません。彼の、今までの試験結果から見ても、リハビリは脊椎側弯症に有効ではあるが、それよりも、他面多面的にパーキンソン病や脳卒中患者の方が、良い効果が出でいます。(チャイナータイムズ)

オリジナルのURL:http://www.chinatimes.com/newspapers/20150427001147-260102

廣告

發表迴響

在下方填入你的資料或按右方圖示以社群網站登入:

WordPress.com Logo

您的留言將使用 WordPress.com 帳號。 登出 / 變更 )

Twitter picture

您的留言將使用 Twitter 帳號。 登出 / 變更 )

Facebook照片

您的留言將使用 Facebook 帳號。 登出 / 變更 )

Google+ photo

您的留言將使用 Google+ 帳號。 登出 / 變更 )

連結到 %s