The Japanese government is scheduled to sponse nursing care robot up to 3M yen!

 

To reduce the burden of care staff, more care robot that has been attracting attention as a tool for the more easily care also who care parties amount is also introduced to give up hard … and if there is interest from that expensive There may be many.

As part of the happy support measures to such care officials, it has been scheduled business by the government every year to support the dissemination of nursing care robot in supplementary budget business to issue at this time. The budgeted has been proposed as the fiscal 2015 supplementary budget, two of the “watch support equipment introduction promotion business utilizing the nursing robot or the like", “care workers burden care robot introduction promotion business that will contribute to the reduction of" said.

In the “long-term care workers care robot introduction promotion business contribute to the burden of", 20 yen more than the amount of nursing care robot when it is introduced into such long-term care establishments, 1 subsidy of up to 3 million yen per facility and offices is scheduled to be delivered to the medical assistance and moving support, and it is to reduce the burden on care staff improve the efficiency of such watch support, it is expected to lead to resolving the shortage.

In addition, the equipment, such as nursing care robot that supports the watch of home care life elderly people in the “support equipment introduction promotion business watch utilizing the nursing robot, etc.", of up to ¥ 100,000 per device when the municipality is to introduce It is scheduled to auxiliary.

Never not cheap care robot. Those establishments that amount of money has been a neck and but want the introduction, and why not try to effective use?

廣告

以人為本的失智症照護先驅-聖馬爾定醫院

“阿,你叫甚麼名字,來家裡坐,這些食物一起吃(台語)"在返還失智症居民掉落的筷子時,某個奶奶這麼親切的問候著,讓我想起了離去的奶奶,以及家族中大大小小的姑姑阿姨們的溫暖。

因為參加日本HCR展會(連結)在東京相遇的機緣,有了機會前往位在嘉義的聖馬爾定醫院,及其護理之家。

先前參觀在台灣的護理之家,大抵印象為陰暗、壅擠、甚至帶些異味,對於弱勢資源的配置肇因於社會的成熟度,即使是在美國,也無法全部的護理之家都能有最好的社會資源。

然而龍骨王產品行銷團隊一到了聖馬爾定,大門打開的當下,映入眼簾的情境讓人眼睛為之一亮,這兒寬敞而明亮,可以見到主客廳區燈光柔和,住民舒適自在,處處可以見到管理團隊對於高齡失智症照護的細微用心,後續聽黎執行長的詳細介紹,以及理念,甚為感佩。

對人的尊敬與關愛來自幾個細膩之處:

1.空間寬敞舒適
相同的空間一般的護理之家就是以"高密度養殖"…是的,這個不尊敬的字句是我下的,卻也顯示出現有護理之家的維運困難之處。黎執行長在最大的限度下讓居民能保持人與人之間彼此尊重的距離以及必備的生活空間,卻又能兼顧所需的維運成本。一般容納40人甚至是60人的公共空間,聖馬爾定的護理之家僅收納20餘位住民。諾大的客廳,用餐區使用上相當舒適,每位住民若需要午睡,還有可以躺著的床位,在那陽光灑落一地的潔淨空間裡。戶外更有花園,藉由栽種當季植物的過程,一同感受生命力的存在。

2.居民感受家庭的親切而非被管理
社工、護理師並不會穿上制服,而是一般的便服(便服控有福了,咦?)這樣的用意,在於讓居民感受上,是與一整個家庭成員共處,讓雙方站在相同的基礎上,而非制度上的管理者與被管理者。

3.投資,是為了更好的品質。
在非常早期,聖馬爾定就引進了日本與丹麥等高齡大國的照護方式、甚至是導入整個人員培訓方式。在設備上願意投資,也相信好的產品對於住民的照護品質能有效的提升,軟實力部分,則是長期培育台灣種子照護教師。

 

ニュース記事─からとりましたーエイサーと新創業者が手を組む インターネットビジネスチャンスを速攻する

2015/04/08

Acer

原文は東森ニュースから転載されます(元のニュース

▲AcerブルースカイプロジェクトはAppWorksと手を組み、新しい革新チームをユビキタス(Internet of Things)ビジネスへ導いていく。前列の右から左それぞれはエイサー独自のドライブ事業機関の総処長の王定愷さん、エイサータブレットPC事業の総ゼネラルマネージャー施宣輝さん、創立者および取締役の詹益鑑さん、之初創投AppWorksの創立者および取締役の林之晨さん;後列はユビキタスに参会する新しい企業チーム、右から左それぞれはロンググッドのCEO陳誌睿さん、SENTRIの創立者およびCEO董彥良さん、FlyFitの創立者呂俊逸さんとiWEECARE CMOの張凱傑さん。(写真/エイサーより)


記者高振誠/台北報道

Acer(2353)、年の初めに「ユビキタスに輝く新人」を催して、今日(8日)正式にブルースカイプロジェクトを発表しました、之初創投AppWorksと手を組む宣言をし、両社はこれからもっと多くの新しい革新チームの助けをして、全身全力ユビキタス(Internet of Things)ビジネスで攻める。

エイサータブレットPC事業の総ゼネラルマネージャー施宣輝さんにより、第二回「ユビキタスに輝く新人」に之初創投の子会社である6つの新しい革新チームを招待して、ユビキタス応用を一緒に展示する、そのなかには、エネルギー管理、3D多機能の事務機器、装着装置、健康管理、IT家庭などの応用を含め、エイサー策略開発部門のベンチャー投資企業CEOの陳玠甫も大会に来て投資評価を行います。

施宣輝さんは、Acerブルースカイプロジェクトを2月に策略ビジネスパートナの機器科学と同盟を結び、そしてモバイルワールドコングレス(MWC)で、個人健康管理の解決方案を展示したことは、高い評価をもらっています。そして来週から「龍骨王」、「Sentri」を含め6組の新しい革新チームを連れて、ドイツに渡り交流を行うと話していました。

それ以外に、Acer独自のドライブ事業機関の総処長の王定愷さんも、革新創業の人気は全世界へ加速的に広がっているといってます。之初創投も現在アジアで最大な創業アクセルを備えているのであって、Acerは双方のビジネス関係を築き、新しい革新企業と現在ある産業とを連合して、台湾の新しいブラントとチームを国際へ推進しようと願っています。

そして之初創投の取締役の詹益鑑さんも、エイサーの国際ブランドとマーケティング通路は重要な資産と表明していて、未来は両社の優勢を結合して、もっと多くの新しい革新チームをユビキタス(Internet of Things)ビジネスを掴むように導くとしています。それ以外にまた施宣輝さんも、エイサーはビジネスパートナとの連合を未来的に継続して行き、「ユビキタスに輝く新人」大会も今まで通り、開催しますと話しています。そして定期的に研修会を開き、より広く多くのクラウド革新チームを招待し、ユビキタス(Internet of Things)チームに顧問サービスを提供できることを願っています。

オリジナルのURL:http://goo.gl/iqZZd7

その他ニュース:联合新闻网

それではリハビリのために客観的なデータ分析を解読しましょう!

2015/04/15

Long goodはどのように関節の角度を計算するのですか?それではリハビリのために客観的なデータ分析を解読しましょう!


ロンググッドの体感型操作リハビリシステムはWiiまたはkinect等との違いはどこにあるのですか?それらはよく聞かれる上位3つの問であります。

今日は私から皆様にお答え致しましす。!まず、我が社の製品とWiiとの違い又は区別からにしましょう。皆さんはWiiという製品をご存知でしょうか、それはユーザが無線コントローラを手に着けて、テレビのセンサーに向かって操作し、その「コントローラの位置」にセンサーは反応し伝えます。それは「ワンポイントコントロール」といいます。事は私達にコントローラの位置だけを伝え、ユーザの関節リハビリに関する情報は一切知ることは出来ません、情報収集には不完全であります。それはゲーム上だけなら面白さも増加できますが、リハビリの領域に使われるには不足な所が多々あります。

set-2-bateria-recargable-nintendo-wii-remote-base-cable-usb-4077-MLA130649927_8205-F

XBOXのKinectゲームなら?モーションキャプチャーでしょうか?

このシートでは比較製品との違いを説明します

Image 1

今日は、皆様にハイラインの部分について説明を致します:

データ分析!私たちはいったいどのような情報を得られるのでしょうか?この図表をご覧ください、センサーを通して「モーションキャプチャー」では人体の関節座標の位置をキャッチし、収集できたデータを計算にかけ、臨床者が必要とするデータを得ることができます。例えば、首、ひじ、肩の座標が分かれば、次にひじの曲がり角度と手を上げた高さの計算が出来てしまいます。それをその上で私達は座標値と角度を「秒ごと」に記録するのです。

fk09

螢幕快照 2015-04-15 下午4.42.43

統計データは下記に記載し、シートの様に成ります。

Image 2

異なる関節の部分のx,y,z座標と角度を記録されます

P.S.   データは図表から取り得た出したものではなく、ですから角度は一致しません。規範それによって、治療師は患者の状態をその都度、客観的に正確性のあるデータを基準とし、起こり易い誤差を避けます。それはより正確な評価に値し成り得ます!

今回、簡単な説明では有りますが皆様に知って頂きたい所望です。これは「客観的なデータ分析」!であります。

オリジナルのURL:http://goo.gl/ggVaxy


図表連結: http://goo.gl/nmtUVyhttp://goo.gl/0iFOoxhttp://goo.gl/BAzIcq

10施設の病院で採用された、映像から伝わる体感センサーは、ゲーム感覚でリハビリできます。

2015/04/27  チャイナータイムズ

康文柔/台北報道

b05a00_p_05_02

TVゲームでリハビリができる?台湾は高齢者社会となって行く今、年寄りの在宅看護が大きく必要となってきました、新規会社である「Long Good」は医者と治療師共に、リハビリ機能付の体感ゲームを先んじて開発して参りました。リハビリには楽しみとそしてゲームキャラクターに従って正確に進めば、高得点が取れる、面白さとを満喫出来ます。それは国内にある10施設の病院が採用しています。

Long Goodが開発した体感リハビリシステムはPAPAMAMA(パパママ)と名付け、病院には遠距離コントロールセンターと家庭用装置とを二分させています。家庭での患者リハビリ映像の記録は、インタネット経由で病院側へと転送することで、患者のリハビリ進度を定期的に治療師が検査できます。

Long Goodの創立者である陳誌睿さんによりますと、台湾の病院では、人材不足よる問題を抱えています、患者は週に一度のリハビリだけを受けいれて、殆どの日々リハビリを自宅で行うことが多いのです。そのため、毎日のリハビリに空白の日を作ってしまい、又は運動の要領を間違ってしまう事もある。「例え効果が1であっても、0より大きい」。と陳誌睿さんが言っていました。

遠距離コントロール体感リハビリシステムを使っての効果では、治療師に付き添ってのレッスン100%に至らなくても、リハビリには熱中することができます。加えて患者の通院に費すコストを減らす事も支えの一つになり得ます。

病院で使われているPAPAMAMAは、そのフルセットでは何百万円もします、家庭用バージョンは一台6万円とする。「設置は簡単に取り付けで、一つはHDMI線をテレビにつけ、もう一つは電源コードをコンセントに差すだけです。」陳誌睿さんからの助言です。後は体感センサーをテレビの上に着けるだけで、すぐにでも必要なリハビリレッスンを選ぶ事ができます。そして装置も自動的にネットワークしますのでソフトウェアのダウンロード更新も行えます。

陳さんは一つのゲームDeer Runを挙げ、ユーザの歩幅と重心を定まった範囲内に保つこと、ユーザは下肢の動きにより、パネル画面のキャラクターを物体動作の制御コントロールをすれば、ゲームの背景は自動的に変化して行き、条々に難度を上げていきます。それは患者の下肢バランス回復と歩行訓練の為で有ります。

他にも、Long Goodは太極拳の先生と、「舞え太極」というゲーム制作しています。体感センサー技術を運用し、ユーザは太極拳の基本動作を習得できます。

実は、陳さんが創業する初志の主な動機は、妹は脊椎側弯症患者であり、その思いも有り社名をLong Good (竜骨の王)と命名しました。そのことは、陳さんはあまり口に出してはいません。彼の、今までの試験結果から見ても、リハビリは脊椎側弯症に有効ではあるが、それよりも、他面多面的にパーキンソン病や脳卒中患者の方が、良い効果が出でいます。(チャイナータイムズ)

オリジナルのURL:http://www.chinatimes.com/newspapers/20150427001147-260102

遠距離コントロールでリハビリができる、物理治療は病院へ行かなくで済む

2015/07

遠見雑誌2014年7月号 第337期

新しく注目される若者の創業2> Long Good 体感リハビリシステム

————————————————————————————-

作者:王怡棻ワン イーフェン  撮影:賴永祥ライ ユウシャン

2012年に創立した新しい企業「Long Good」はそれらの問題を解決するために生まれました。その企業の製品は、Kinectなどの体感センサー技術を導入し、患者からもモニター画面から先生と自分の動きを同時に見ることができます。そして正確な動きをすれば、ポイントも高くなり、場合によって患者に励ますような歓声もでます。また映像転送で、リハビリの動きを治療師より指導してくれます。
26歳の若いチームが創業1年目で受賞しました

「今まで、患者はリハビリをするのにわざわざ病院に行かないとできないので、この装置があれば、気楽に家でもリハビリが出来て、時間と金を無駄にしなくて済みます!」体の大きい35歳の創立者陳誌睿さんは楽しく語っていました。

若者創業者の中では、ソフト、インタネット、アプリが主流となった今、医療機能を主体とする「Long Good」は、特別に注目されています。この平均年齢26歳の若手チームは、ワンセット台湾円50万円の「企業バージョン」はすでに10施設以上の病院とケアー施設採用され、そして6万円の「個人用バージョン」も販売店と契約を交わしました。

創業一年目でNTU Start-Up Day「創業前衛賞」に受賞しました、2年半だけで成果を上げている「Long Good」は、若者創業者の成功実例となっています。経済部中小企業所、資訊工業策進会アプリ革新チーム組合、台湾商人投資首脳会議、国家科学創業計画などを含め、陳誌睿さんを経験の分かち合いに招待しています。今年の「ロンググッド」はさらにアメリカ進出へ、ネットフォームindiegogoで資金募集しています。

サラリーマンは安定するが 創業することは生き甲斐を感じる

交通大学運輸学科、台湾大学医療工業研究所卒の陳誌睿さんは高い声と少し誇張な言い方で「サラリーマンは安定するが、創業してから、生き甲斐を感じられる」と話しました。革新的な変化に熱愛し、束縛が嫌いな性格を持つ彼は、研究所にいる頃から事業を起こしたいという思いが芽生えていました、だが卒業後は家族の期待に従って、医療器材会社にそこで製品部門の部長を勤めました。いくら安定な職業で、給料も高いといっても、陳さんの心底では、創業の炎は依然として消えるものではありませんでした。

チャンスは2011年の3月にあった。当時の彼は、10ヶ月にも渡る台湾スタンフォード医療器材商品設計の国内人材育成プログラム(Stanford-Taiwan Biomedical Fellowship Program略してSTB)に参加していました。このプログラムは参加する全員の生徒を病院に連れて行き、看病の観察とニーズを見つけ、そして同時にその改善できる可能性を見つけ出すのです。だが、実際に各病院を見回るうち、患者の出入りが多いリハビリ科が彼の心を動かしたのです。クーラーがよく効いてる栄総病院の病室の前でただ佇んでいる陳誌睿さんが、「脳卒中患者、パーキンソン病患者の不自由な動きを見て、悲しい思いを抱えてしまいました。もしこの様な現場で楽しいインタラクティブシステムを通うのであれば、患者自身もマメにリハビリを行い、早く回復できる、それはどれくらい良いことか!」と自分の心に刻みつけました。

オリジナルのURL:http://store.gvm.com.tw/article_content_25651_1.html

今すぐ、火傷(熱傷)患者の為にリハビリ資源を用意しよう!

2015/07/03

burn

粉じん爆発負傷者は三日の重要な時期を耐え切って、その次に苦痛なリハビリの道に直面します!(東森ニュースより)

台湾の爆発事故で、およそ500人が火傷を受けて、そのうちの200人が重傷となった。多くの若い命やそれらの将来にも、大きく影響されてくる。その後必要とされるリハビリはまた長期のものであるわが国の全ての医療チームによって、一回目の熱傷救助処置を行ったが、もっとも重要とされるのが長いリハビリの道のみなのだ。国内の物理治療や機能回復治療と複合的に、専門的な医療を提供し、献身的に治療を行った、しかし、熱傷のリハビリは特別であって、今あるリハビリ知識を通じてまた勉強する必要があります。

いったいどれ位の治療師を要すれば、その500人の熱傷患者へのリハビリ介護が出来るのでしょうか?重要とされる半年間で計算すれば、答えは、約200名の付き添い治療師が必要です。現実には殆どの治療師は患者持ちなので、手が回らないでしょう。

まず熱傷後のリハビリポイントから見ましょう、

(1)姿勢の置き方、(2)副木の使用、そして(3)リハビリの実行。その中の能動的または受動的な関節運動は、関節の活動力を維持させます、また、痙攣発作を免れ、更に血液循環を促進でき、水腫を下げて、造血機能を増進させ、患者の体力が保つこと及び回復機能を強くできる。(康健雑誌)

高雄長庚紀念病院の機能回復治療チームキャプテン張瑞昆(top1health)の指摘によると、熱傷患者には、一番の後遺症は傷跡の増殖、関節の痙攣や変形だと言うことです。

これらの現象は外観に損傷が残るだけではなく、四肢の動き機能にも障害がでる。だが、早めにリハビリプランを組んで、確実に実行していけば、そのような後遺症の発生を減少できます。一番問題なのは、リハビリの実行度にある。特に退院してから、毎日通院できない様な患者は、家でのリハビリでは長引く事になる。もし現代科学技術の協力があれば、その多くの被害者は、より早く四肢の動きが機能回復でき、そして一歩進んで通常生活へと取り戻せる事でしょう。

では、自宅でのリハビリはどのように行えますか、そして現在の科学技術からも、どのように協力できますか?

一部治療、彰化のキリスト教病院の衛生教育情報(彰化キリスト教)による

すべての関節に熱傷を負った患者には、関節運動が必要です、リハビリの原則は:すべての関節を極限まで曲げて、そのまま5~10秒間維持し、そして真っ直ぐのところまで伸ばし、同じく5~10秒間維持して、それから極限まで曲げる。この運動は毎日最低4回繰り返し、毎回最低20分、そうすれば、熱傷にあった関節の痙攣を免れます。

ロンググッドの家庭用リハビリシステムPAPAMAMAの商品を使う際、治療師の指導による、角度、継続時間、繰り返しの回数と使用時間などの調整を行える。ゲーム感覚、体感性の方法は、リハビリに努めたい意思を高め、そして自身による進歩の経歴も記録できます。

患者が自宅でのリハビリ治療に行うときに、治療師は遠端リモートから患者が正確な運動を行っているかを看視できる。そしてリハビリの最中に、強度や内容を調整することもでき、最も適切な運動プランを告げてくれる。その事から家でも繰り返してリハビリを続けられます。

What LongGood can do?

(1)参考値の調整:異なる参考値の調整を通して、最も患者に適合するリハビリ処方箋を作ります。

(2)クラウドは処方箋スケジュールを提供します

unnamed

(3)治療師が効率的に専門医療判断と診療を遠端リモートで行える。患者の自宅でリハビリ運動の指導と評価協力が機械で行える。それと急に臨床患者が増えた場合、医療機関の人手需要を緩やかに有用、同じく患者にも余裕あるリハビリ設備を提供が出来るでしょう。

オリジナルのURL:http://goo.gl/GXBW47

物理治療師學會40周年年會 大收穫

9/5 9/6兩天的年會活動,真的讓我們收穫滿滿,當然要先謝謝每個來到我們攤位的朋友,不管是你們的疑問、建議和想法對於我們來說都是非常寶貴!!

相片 2015-9-5 上午8 52 31

第二天我們報名了研討會的內容,一起聆聽這次的主題<看見物理治療─歐洲與台灣的高齡及長期照護>,在這邊簡單跟各位分享當天的講座內容。

一早就重量級開場,由世界物理治療聯盟理事長 – Dr. Emma Stokes和馮燕政務委員來談高齡社會以及物理治療師在其中扮演的角色,為整個講座開場跟大家說明在高齡化社會趨勢之下,物理治療師如何結合新的思維和制度去發揮自身的專業,以跟上創新的服務和需求。

而休息過後是政策規範面,由鄭素文司長和李玉春教授來講關於我國長照政策和長照保險的部分,目前台灣也積極推動長照相關的規範,希望透過政策方面的施力配合專業的人員去完善整個長期照護的服務,也讓物理治療師們如果未來要跟其他單位合作時也比較不會無所適從。

下午開始就進入執行和現況的部分,請來胡明霞副教授和李淑貞副教授以及林佩欣主委來跟大家說明現在台灣的機構和居家端的發展,將物理治療師和機構或居家可以有怎樣的協力和一些困境都做了很好的介紹,甚至更進一步的談到面對未來的變化,PT可以發揮的地方。

目前為止,我們已經對台灣的高齡化狀況、長期照護、長期保險和物理治療之間的聯結有所了解,因此最後一場講座請來周傳久博士跟大家介紹北歐和以色列,這些在不管在市場的成熟度和長期照護的發展都領先台灣許多的國家,我們怎樣去借鏡人家的經驗和做法,可以說是在聽了整天的講座後給予大家一個思考和延伸的機會。

看個影片快速了解

https://www.youtube.com/watch?v=qkzTLVzl7ks