ニュース記事─からとりましたーエイサーと新創業者が手を組む インターネットビジネスチャンスを速攻する

2015/04/08

Acer

原文は東森ニュースから転載されます(元のニュース

▲AcerブルースカイプロジェクトはAppWorksと手を組み、新しい革新チームをユビキタス(Internet of Things)ビジネスへ導いていく。前列の右から左それぞれはエイサー独自のドライブ事業機関の総処長の王定愷さん、エイサータブレットPC事業の総ゼネラルマネージャー施宣輝さん、創立者および取締役の詹益鑑さん、之初創投AppWorksの創立者および取締役の林之晨さん;後列はユビキタスに参会する新しい企業チーム、右から左それぞれはロンググッドのCEO陳誌睿さん、SENTRIの創立者およびCEO董彥良さん、FlyFitの創立者呂俊逸さんとiWEECARE CMOの張凱傑さん。(写真/エイサーより)


記者高振誠/台北報道

Acer(2353)、年の初めに「ユビキタスに輝く新人」を催して、今日(8日)正式にブルースカイプロジェクトを発表しました、之初創投AppWorksと手を組む宣言をし、両社はこれからもっと多くの新しい革新チームの助けをして、全身全力ユビキタス(Internet of Things)ビジネスで攻める。

エイサータブレットPC事業の総ゼネラルマネージャー施宣輝さんにより、第二回「ユビキタスに輝く新人」に之初創投の子会社である6つの新しい革新チームを招待して、ユビキタス応用を一緒に展示する、そのなかには、エネルギー管理、3D多機能の事務機器、装着装置、健康管理、IT家庭などの応用を含め、エイサー策略開発部門のベンチャー投資企業CEOの陳玠甫も大会に来て投資評価を行います。

施宣輝さんは、Acerブルースカイプロジェクトを2月に策略ビジネスパートナの機器科学と同盟を結び、そしてモバイルワールドコングレス(MWC)で、個人健康管理の解決方案を展示したことは、高い評価をもらっています。そして来週から「龍骨王」、「Sentri」を含め6組の新しい革新チームを連れて、ドイツに渡り交流を行うと話していました。

それ以外に、Acer独自のドライブ事業機関の総処長の王定愷さんも、革新創業の人気は全世界へ加速的に広がっているといってます。之初創投も現在アジアで最大な創業アクセルを備えているのであって、Acerは双方のビジネス関係を築き、新しい革新企業と現在ある産業とを連合して、台湾の新しいブラントとチームを国際へ推進しようと願っています。

そして之初創投の取締役の詹益鑑さんも、エイサーの国際ブランドとマーケティング通路は重要な資産と表明していて、未来は両社の優勢を結合して、もっと多くの新しい革新チームをユビキタス(Internet of Things)ビジネスを掴むように導くとしています。それ以外にまた施宣輝さんも、エイサーはビジネスパートナとの連合を未来的に継続して行き、「ユビキタスに輝く新人」大会も今まで通り、開催しますと話しています。そして定期的に研修会を開き、より広く多くのクラウド革新チームを招待し、ユビキタス(Internet of Things)チームに顧問サービスを提供できることを願っています。

オリジナルのURL:http://goo.gl/iqZZd7

その他ニュース:联合新闻网

廣告

發表迴響

在下方填入你的資料或按右方圖示以社群網站登入:

WordPress.com Logo

您的留言將使用 WordPress.com 帳號。 登出 / 變更 )

Twitter picture

您的留言將使用 Twitter 帳號。 登出 / 變更 )

Facebook照片

您的留言將使用 Facebook 帳號。 登出 / 變更 )

Google+ photo

您的留言將使用 Google+ 帳號。 登出 / 變更 )

連結到 %s