今すぐ、火傷(熱傷)患者の為にリハビリ資源を用意しよう!

2015/07/03

burn

粉じん爆発負傷者は三日の重要な時期を耐え切って、その次に苦痛なリハビリの道に直面します!(東森ニュースより)

台湾の爆発事故で、およそ500人が火傷を受けて、そのうちの200人が重傷となった。多くの若い命やそれらの将来にも、大きく影響されてくる。その後必要とされるリハビリはまた長期のものであるわが国の全ての医療チームによって、一回目の熱傷救助処置を行ったが、もっとも重要とされるのが長いリハビリの道のみなのだ。国内の物理治療や機能回復治療と複合的に、専門的な医療を提供し、献身的に治療を行った、しかし、熱傷のリハビリは特別であって、今あるリハビリ知識を通じてまた勉強する必要があります。

いったいどれ位の治療師を要すれば、その500人の熱傷患者へのリハビリ介護が出来るのでしょうか?重要とされる半年間で計算すれば、答えは、約200名の付き添い治療師が必要です。現実には殆どの治療師は患者持ちなので、手が回らないでしょう。

まず熱傷後のリハビリポイントから見ましょう、

(1)姿勢の置き方、(2)副木の使用、そして(3)リハビリの実行。その中の能動的または受動的な関節運動は、関節の活動力を維持させます、また、痙攣発作を免れ、更に血液循環を促進でき、水腫を下げて、造血機能を増進させ、患者の体力が保つこと及び回復機能を強くできる。(康健雑誌)

高雄長庚紀念病院の機能回復治療チームキャプテン張瑞昆(top1health)の指摘によると、熱傷患者には、一番の後遺症は傷跡の増殖、関節の痙攣や変形だと言うことです。

これらの現象は外観に損傷が残るだけではなく、四肢の動き機能にも障害がでる。だが、早めにリハビリプランを組んで、確実に実行していけば、そのような後遺症の発生を減少できます。一番問題なのは、リハビリの実行度にある。特に退院してから、毎日通院できない様な患者は、家でのリハビリでは長引く事になる。もし現代科学技術の協力があれば、その多くの被害者は、より早く四肢の動きが機能回復でき、そして一歩進んで通常生活へと取り戻せる事でしょう。

では、自宅でのリハビリはどのように行えますか、そして現在の科学技術からも、どのように協力できますか?

一部治療、彰化のキリスト教病院の衛生教育情報(彰化キリスト教)による

すべての関節に熱傷を負った患者には、関節運動が必要です、リハビリの原則は:すべての関節を極限まで曲げて、そのまま5~10秒間維持し、そして真っ直ぐのところまで伸ばし、同じく5~10秒間維持して、それから極限まで曲げる。この運動は毎日最低4回繰り返し、毎回最低20分、そうすれば、熱傷にあった関節の痙攣を免れます。

ロンググッドの家庭用リハビリシステムPAPAMAMAの商品を使う際、治療師の指導による、角度、継続時間、繰り返しの回数と使用時間などの調整を行える。ゲーム感覚、体感性の方法は、リハビリに努めたい意思を高め、そして自身による進歩の経歴も記録できます。

患者が自宅でのリハビリ治療に行うときに、治療師は遠端リモートから患者が正確な運動を行っているかを看視できる。そしてリハビリの最中に、強度や内容を調整することもでき、最も適切な運動プランを告げてくれる。その事から家でも繰り返してリハビリを続けられます。

What LongGood can do?

(1)参考値の調整:異なる参考値の調整を通して、最も患者に適合するリハビリ処方箋を作ります。

(2)クラウドは処方箋スケジュールを提供します

unnamed

(3)治療師が効率的に専門医療判断と診療を遠端リモートで行える。患者の自宅でリハビリ運動の指導と評価協力が機械で行える。それと急に臨床患者が増えた場合、医療機関の人手需要を緩やかに有用、同じく患者にも余裕あるリハビリ設備を提供が出来るでしょう。

オリジナルのURL:http://goo.gl/GXBW47

廣告

為燒燙傷的患者準備好復健資源,現在!

burn

塵爆傷患撐三天關鍵期後,面臨煎熬復健路!(擷取自東森新聞

八仙樂園的粉塵爆炸意外中,將近五百人受到燒傷,其中有兩百名受到重傷。多少年輕的生命以及前途,受到嚴重的影響,而後續所需要的復健更是條漫長的路,而我們原本已經過度吃緊的醫療人力,在經過第一輪的燒燙傷加護之後,更重要的復健這條漫長的路。國內不論物理治療或是職能治療都努力的設法提供自己的專業能夠盡一份心力,但燒燙傷的復健的獨特性,需要根據原有的復健知識在進修。

002
原本只收180人的訓練課程,超額增收到300人。(擷取自復健醫學FB讀書會)

職能治療師也不論人後,在台北台中各辦一場燒燙傷繼續教育,讓更多有心投入燒燙傷治療的臨床人員得已有服務的能力與機會。
001

(轉載自彰化職能治療師協會會長陳宜男治療師臉書,)

但到底要有多少治療師才能滿足500人的燒燙傷復健需求?以關鍵期的前半年來說,答案是..200名全職投入的治療師「註」。然而現有的治療師都已經過度工作,參加繼續教育的治療師都只能兼職額外協助,怎麼能夠有心力時間拋開現有的傷患全職投入呢?

我們首先來看燒燙傷後的復健重點,在於(1)姿勢的擺放、(2)副木的使用,以及(2)復健運動執行。其中,主動或是被動的關節運動不僅可維持關節的活動度,避免攣縮發生減緩肌肉萎縮,更可促進血液循環,減低水腫,增進造血功能使病患能保持體能狀況,增強病患痊癒的能力(康健雜誌
而高雄長庚紀念醫院職能治療組長張瑞昆(top1health)更指出,燒傷病患的最大後遺症是疤塊的增生、關節的攣縮與變形。這些現象不僅造成外觀的損毀,更會喪失肢體活動功能。不過,只要早期設立復健計劃,並確實執行復健工作,則可有效減少這些後遺症的發生,往往問題都在復健的執行度上,尤其在離院後無法每天到院復健,在家復健的執行效率相當的低,若能有現代科技來協助燒燙傷復健的進行,對於廣大的受害者而言,將能更快速的讓身軀四肢回復功能、進而回到正常的生活。

那麼,這些居家的動作復健可以怎麼進行,以及現在科技可以提供什麼樣的協助呢?

治療部分呢,根據彰化基督教醫院的衛教資訊(彰基)

任何關節處有燒傷者,需配合關節運動,運動原則:每個關節彎曲到最極限,維持5~10秒後,再伸展到最直的範圍,維持5~10秒,再彎曲到最極限。這樣的關節運動循環每天至少4次,每次至少20分鐘,可以避免燒傷的關節攣縮。
在使用龍骨王的居家版本復健系統PAPAMAMA,可以讓治療師調整動作進行所需要的角度,持續停留時間,重複進行的次數與執行時間。遊戲化,體感化的方式除了能增加復健的動機之外,也讓復健紀錄著自己進步的歷程。
讓病人在家進行燒燙傷的復健治療時,遠端的治療師可以監控患者是否正確的進行,並且能根據患者的復健現況,第一時間在遠端調整強度與內容,做出最適合的運動處方簽。讓患者在家就可以進行燒燙傷復健中重複訓練的項目。

z3FDMqARBKMeQ2EQQlQq4rAbk9L3vu7zGeWI5OGMvYE

以下介紹使用龍骨王產品時,根據不同燒燙傷患者所需的復健療程進行方式。

參數調整:

screen3

藉由調整不同的參數,產生最適合患者的復健處方簽。

unnamed

雲端提供處方簽排程

讓治療師在遠端有效率的進行專業的判斷以及診療,讓機器在患者家協助復健動作的引導與評估。將有助於突然增加的臨床人力需求的舒緩,也讓患者準備好最充裕的復健資源。