ニュース記事─からとりましたーエイサーと新創業者が手を組む インターネットビジネスチャンスを速攻する

2015/04/08

Acer

原文は東森ニュースから転載されます(元のニュース

▲AcerブルースカイプロジェクトはAppWorksと手を組み、新しい革新チームをユビキタス(Internet of Things)ビジネスへ導いていく。前列の右から左それぞれはエイサー独自のドライブ事業機関の総処長の王定愷さん、エイサータブレットPC事業の総ゼネラルマネージャー施宣輝さん、創立者および取締役の詹益鑑さん、之初創投AppWorksの創立者および取締役の林之晨さん;後列はユビキタスに参会する新しい企業チーム、右から左それぞれはロンググッドのCEO陳誌睿さん、SENTRIの創立者およびCEO董彥良さん、FlyFitの創立者呂俊逸さんとiWEECARE CMOの張凱傑さん。(写真/エイサーより)


記者高振誠/台北報道

Acer(2353)、年の初めに「ユビキタスに輝く新人」を催して、今日(8日)正式にブルースカイプロジェクトを発表しました、之初創投AppWorksと手を組む宣言をし、両社はこれからもっと多くの新しい革新チームの助けをして、全身全力ユビキタス(Internet of Things)ビジネスで攻める。

エイサータブレットPC事業の総ゼネラルマネージャー施宣輝さんにより、第二回「ユビキタスに輝く新人」に之初創投の子会社である6つの新しい革新チームを招待して、ユビキタス応用を一緒に展示する、そのなかには、エネルギー管理、3D多機能の事務機器、装着装置、健康管理、IT家庭などの応用を含め、エイサー策略開発部門のベンチャー投資企業CEOの陳玠甫も大会に来て投資評価を行います。

施宣輝さんは、Acerブルースカイプロジェクトを2月に策略ビジネスパートナの機器科学と同盟を結び、そしてモバイルワールドコングレス(MWC)で、個人健康管理の解決方案を展示したことは、高い評価をもらっています。そして来週から「龍骨王」、「Sentri」を含め6組の新しい革新チームを連れて、ドイツに渡り交流を行うと話していました。

それ以外に、Acer独自のドライブ事業機関の総処長の王定愷さんも、革新創業の人気は全世界へ加速的に広がっているといってます。之初創投も現在アジアで最大な創業アクセルを備えているのであって、Acerは双方のビジネス関係を築き、新しい革新企業と現在ある産業とを連合して、台湾の新しいブラントとチームを国際へ推進しようと願っています。

そして之初創投の取締役の詹益鑑さんも、エイサーの国際ブランドとマーケティング通路は重要な資産と表明していて、未来は両社の優勢を結合して、もっと多くの新しい革新チームをユビキタス(Internet of Things)ビジネスを掴むように導くとしています。それ以外にまた施宣輝さんも、エイサーはビジネスパートナとの連合を未来的に継続して行き、「ユビキタスに輝く新人」大会も今まで通り、開催しますと話しています。そして定期的に研修会を開き、より広く多くのクラウド革新チームを招待し、ユビキタス(Internet of Things)チームに顧問サービスを提供できることを願っています。

オリジナルのURL:http://goo.gl/iqZZd7

その他ニュース:联合新闻网

廣告

10施設の病院で採用された、映像から伝わる体感センサーは、ゲーム感覚でリハビリできます。

2015/04/27  チャイナータイムズ

康文柔/台北報道

b05a00_p_05_02

TVゲームでリハビリができる?台湾は高齢者社会となって行く今、年寄りの在宅看護が大きく必要となってきました、新規会社である「Long Good」は医者と治療師共に、リハビリ機能付の体感ゲームを先んじて開発して参りました。リハビリには楽しみとそしてゲームキャラクターに従って正確に進めば、高得点が取れる、面白さとを満喫出来ます。それは国内にある10施設の病院が採用しています。

Long Goodが開発した体感リハビリシステムはPAPAMAMA(パパママ)と名付け、病院には遠距離コントロールセンターと家庭用装置とを二分させています。家庭での患者リハビリ映像の記録は、インタネット経由で病院側へと転送することで、患者のリハビリ進度を定期的に治療師が検査できます。

Long Goodの創立者である陳誌睿さんによりますと、台湾の病院では、人材不足よる問題を抱えています、患者は週に一度のリハビリだけを受けいれて、殆どの日々リハビリを自宅で行うことが多いのです。そのため、毎日のリハビリに空白の日を作ってしまい、又は運動の要領を間違ってしまう事もある。「例え効果が1であっても、0より大きい」。と陳誌睿さんが言っていました。

遠距離コントロール体感リハビリシステムを使っての効果では、治療師に付き添ってのレッスン100%に至らなくても、リハビリには熱中することができます。加えて患者の通院に費すコストを減らす事も支えの一つになり得ます。

病院で使われているPAPAMAMAは、そのフルセットでは何百万円もします、家庭用バージョンは一台6万円とする。「設置は簡単に取り付けで、一つはHDMI線をテレビにつけ、もう一つは電源コードをコンセントに差すだけです。」陳誌睿さんからの助言です。後は体感センサーをテレビの上に着けるだけで、すぐにでも必要なリハビリレッスンを選ぶ事ができます。そして装置も自動的にネットワークしますのでソフトウェアのダウンロード更新も行えます。

陳さんは一つのゲームDeer Runを挙げ、ユーザの歩幅と重心を定まった範囲内に保つこと、ユーザは下肢の動きにより、パネル画面のキャラクターを物体動作の制御コントロールをすれば、ゲームの背景は自動的に変化して行き、条々に難度を上げていきます。それは患者の下肢バランス回復と歩行訓練の為で有ります。

他にも、Long Goodは太極拳の先生と、「舞え太極」というゲーム制作しています。体感センサー技術を運用し、ユーザは太極拳の基本動作を習得できます。

実は、陳さんが創業する初志の主な動機は、妹は脊椎側弯症患者であり、その思いも有り社名をLong Good (竜骨の王)と命名しました。そのことは、陳さんはあまり口に出してはいません。彼の、今までの試験結果から見ても、リハビリは脊椎側弯症に有効ではあるが、それよりも、他面多面的にパーキンソン病や脳卒中患者の方が、良い効果が出でいます。(チャイナータイムズ)

オリジナルのURL:http://www.chinatimes.com/newspapers/20150427001147-260102

遠距離コントロールでリハビリができる、物理治療は病院へ行かなくで済む

2015/07

遠見雑誌2014年7月号 第337期

新しく注目される若者の創業2> Long Good 体感リハビリシステム

————————————————————————————-

作者:王怡棻ワン イーフェン  撮影:賴永祥ライ ユウシャン

2012年に創立した新しい企業「Long Good」はそれらの問題を解決するために生まれました。その企業の製品は、Kinectなどの体感センサー技術を導入し、患者からもモニター画面から先生と自分の動きを同時に見ることができます。そして正確な動きをすれば、ポイントも高くなり、場合によって患者に励ますような歓声もでます。また映像転送で、リハビリの動きを治療師より指導してくれます。
26歳の若いチームが創業1年目で受賞しました

「今まで、患者はリハビリをするのにわざわざ病院に行かないとできないので、この装置があれば、気楽に家でもリハビリが出来て、時間と金を無駄にしなくて済みます!」体の大きい35歳の創立者陳誌睿さんは楽しく語っていました。

若者創業者の中では、ソフト、インタネット、アプリが主流となった今、医療機能を主体とする「Long Good」は、特別に注目されています。この平均年齢26歳の若手チームは、ワンセット台湾円50万円の「企業バージョン」はすでに10施設以上の病院とケアー施設採用され、そして6万円の「個人用バージョン」も販売店と契約を交わしました。

創業一年目でNTU Start-Up Day「創業前衛賞」に受賞しました、2年半だけで成果を上げている「Long Good」は、若者創業者の成功実例となっています。経済部中小企業所、資訊工業策進会アプリ革新チーム組合、台湾商人投資首脳会議、国家科学創業計画などを含め、陳誌睿さんを経験の分かち合いに招待しています。今年の「ロンググッド」はさらにアメリカ進出へ、ネットフォームindiegogoで資金募集しています。

サラリーマンは安定するが 創業することは生き甲斐を感じる

交通大学運輸学科、台湾大学医療工業研究所卒の陳誌睿さんは高い声と少し誇張な言い方で「サラリーマンは安定するが、創業してから、生き甲斐を感じられる」と話しました。革新的な変化に熱愛し、束縛が嫌いな性格を持つ彼は、研究所にいる頃から事業を起こしたいという思いが芽生えていました、だが卒業後は家族の期待に従って、医療器材会社にそこで製品部門の部長を勤めました。いくら安定な職業で、給料も高いといっても、陳さんの心底では、創業の炎は依然として消えるものではありませんでした。

チャンスは2011年の3月にあった。当時の彼は、10ヶ月にも渡る台湾スタンフォード医療器材商品設計の国内人材育成プログラム(Stanford-Taiwan Biomedical Fellowship Program略してSTB)に参加していました。このプログラムは参加する全員の生徒を病院に連れて行き、看病の観察とニーズを見つけ、そして同時にその改善できる可能性を見つけ出すのです。だが、実際に各病院を見回るうち、患者の出入りが多いリハビリ科が彼の心を動かしたのです。クーラーがよく効いてる栄総病院の病室の前でただ佇んでいる陳誌睿さんが、「脳卒中患者、パーキンソン病患者の不自由な動きを見て、悲しい思いを抱えてしまいました。もしこの様な現場で楽しいインタラクティブシステムを通うのであれば、患者自身もマメにリハビリを行い、早く回復できる、それはどれくらい良いことか!」と自分の心に刻みつけました。

オリジナルのURL:http://store.gvm.com.tw/article_content_25651_1.html