遠距離コントロールでリハビリができる、物理治療は病院へ行かなくで済む

2015/07

遠見雑誌2014年7月号 第337期

新しく注目される若者の創業2> Long Good 体感リハビリシステム

————————————————————————————-

作者:王怡棻ワン イーフェン  撮影:賴永祥ライ ユウシャン

2012年に創立した新しい企業「Long Good」はそれらの問題を解決するために生まれました。その企業の製品は、Kinectなどの体感センサー技術を導入し、患者からもモニター画面から先生と自分の動きを同時に見ることができます。そして正確な動きをすれば、ポイントも高くなり、場合によって患者に励ますような歓声もでます。また映像転送で、リハビリの動きを治療師より指導してくれます。
26歳の若いチームが創業1年目で受賞しました

「今まで、患者はリハビリをするのにわざわざ病院に行かないとできないので、この装置があれば、気楽に家でもリハビリが出来て、時間と金を無駄にしなくて済みます!」体の大きい35歳の創立者陳誌睿さんは楽しく語っていました。

若者創業者の中では、ソフト、インタネット、アプリが主流となった今、医療機能を主体とする「Long Good」は、特別に注目されています。この平均年齢26歳の若手チームは、ワンセット台湾円50万円の「企業バージョン」はすでに10施設以上の病院とケアー施設採用され、そして6万円の「個人用バージョン」も販売店と契約を交わしました。

創業一年目でNTU Start-Up Day「創業前衛賞」に受賞しました、2年半だけで成果を上げている「Long Good」は、若者創業者の成功実例となっています。経済部中小企業所、資訊工業策進会アプリ革新チーム組合、台湾商人投資首脳会議、国家科学創業計画などを含め、陳誌睿さんを経験の分かち合いに招待しています。今年の「ロンググッド」はさらにアメリカ進出へ、ネットフォームindiegogoで資金募集しています。

サラリーマンは安定するが 創業することは生き甲斐を感じる

交通大学運輸学科、台湾大学医療工業研究所卒の陳誌睿さんは高い声と少し誇張な言い方で「サラリーマンは安定するが、創業してから、生き甲斐を感じられる」と話しました。革新的な変化に熱愛し、束縛が嫌いな性格を持つ彼は、研究所にいる頃から事業を起こしたいという思いが芽生えていました、だが卒業後は家族の期待に従って、医療器材会社にそこで製品部門の部長を勤めました。いくら安定な職業で、給料も高いといっても、陳さんの心底では、創業の炎は依然として消えるものではありませんでした。

チャンスは2011年の3月にあった。当時の彼は、10ヶ月にも渡る台湾スタンフォード医療器材商品設計の国内人材育成プログラム(Stanford-Taiwan Biomedical Fellowship Program略してSTB)に参加していました。このプログラムは参加する全員の生徒を病院に連れて行き、看病の観察とニーズを見つけ、そして同時にその改善できる可能性を見つけ出すのです。だが、実際に各病院を見回るうち、患者の出入りが多いリハビリ科が彼の心を動かしたのです。クーラーがよく効いてる栄総病院の病室の前でただ佇んでいる陳誌睿さんが、「脳卒中患者、パーキンソン病患者の不自由な動きを見て、悲しい思いを抱えてしまいました。もしこの様な現場で楽しいインタラクティブシステムを通うのであれば、患者自身もマメにリハビリを行い、早く回復できる、それはどれくらい良いことか!」と自分の心に刻みつけました。

オリジナルのURL:http://store.gvm.com.tw/article_content_25651_1.html

廣告

發表迴響

在下方填入你的資料或按右方圖示以社群網站登入:

WordPress.com Logo

您的留言將使用 WordPress.com 帳號。 登出 / 變更 )

Twitter picture

您的留言將使用 Twitter 帳號。 登出 / 變更 )

Facebook照片

您的留言將使用 Facebook 帳號。 登出 / 變更 )

Google+ photo

您的留言將使用 Google+ 帳號。 登出 / 變更 )

連結到 %s